キャッシングにおける総量規制の適用範囲とは?

キャッシングには総量規制という規定があり、これを超える借入れは行うことができません。
総量規制とは、2006年から施行された現在の貸金業法によって定められている、年収の1/3を借入れを行える上限とする規定です。

この総量規制は個人向けの無担保融資に適用される規定で、いわゆるキャッシングはこれに該当する為、例えば年収が300万円の人の場合、その1/3の100万円が借入れを行える上限になります。

キャッシング業者側がどのようにこれを調べているのかというと、それには信用情報が利用されています。これにはあらゆるキャッシング、及びローン契約の利用状況が記録されており、これによって総量規制に引っ掛かるかどうかの判断を行っています。
総量規制という言葉の通り、これは全ての借入れを合計した金額で、上の例のように年収が300万円の人の場合、既に他社から50万円の借入れがあると、あと借りることができるのは50万円までということになります。

総量規制の対象となるのは、貸金業法が適用される消費者金融などの貸金業者からのキャッシングです。クレジットカードを利用したキャッシングもこれも該当しますが、ショッピングで利用した分は対象外です。
また、消費者金融と同様のカードローンでも、銀行のカードローンによるキャッシングは対象外になります。これは、銀行には貸金業法が適用されない為で、銀行のカードローンを利用した借入れがあっても、消費者金融を利用する場合にその分は総量規制にカウントされません。同様に、車のローンや住宅ローンなどの大きなローン契約も総量規制とは関係ありません。

ですが、いくら総量規制に直接関係がないと言っても、大きなローンを組んでいることや、銀行からの借入れがあるということは前述の信用情報によって分かります。総量規制はあくまで法的な規定であって、それに引っ掛からなければいくらでも借りられるというものでもありません。
よって、現在のローン契約などの利用状況次第では、総量規制には問題がなくても借入れが行えないというケースも多々あります。法的に貸せる限度まで余裕があっても、返済をしてもらえるかどうかとは別の問題の為です。

逆に、年収の1/3を超える金額の借入れを行っても返済能力に問題はないという人もいるでしょう。そのような人は消費者金融のような貸金業法が適用されるキャッシングではなく、その適用がないキャッシングの利用をおすすめします。上記のように銀行のカードローンは総量規制とは無縁なので、審査によって返済能力に問題がないと判断されれば、年収の1/3を超える借入れを行うことも可能です。

このように、総量規制は全てのキャッシングに適用される訳ではありません。特に銀行のカードローンはそれが適用されないキャッシングとして気軽に利用できるので、総量規制は気になる人は消費者金融などよりそちらを利用してはどうでしょうか。