銀行や消費者金融でキャッシングをする時の注意点

生活費が足りなくなるなどお金に困っている時はキャッシングをする事を考えるでしょう。キャッシングをする時は銀行か消費者金融のカードローンのサービスを利用する事になりますが、注意しなければいけない点もいくつかあるので申し込みをする前にしっかり把握しておく必要があります。そこで銀行や消費者金融でキャッシングをする時の注意点を確認していく事にしましょう。

・金利が発生するので借り入れした時に利息が加算される

銀行や消費者金融でキャッシングをする時は金利が発生するので借り入れをした時に利息が加算されていきます。銀行の上限金利は14.5%前後、消費者金融の上限金利は18%で両方とも10%以上と高く設定されています。借り過ぎてしまったり返済が長引いてしまうと加算される利息も多くなり支払いが困難になってしまう可能性があります。支払いが困難になると債務整理などをしなければいけなくなるので注意が必要です。キャッシングをする時は必要な分だけ借りるようにして早めに返済するようにしましょう。

・消費者金融は総量規制の対象になっている

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。年収が少ないと限度額も当然少なくなるので借入希望額を申請する時は総量規制の対象になっている事をしっかり頭に入れておかなければいけません。また他社からの借り入れがある場合も合算されるので総量規制に接触していないかしっかり確認する必要があります。総量規制に接触していると審査で否決されてお金を借りる事が出来なくなるので注意しましょう。

・多額の借り入れをする時は収入証明書が必要

銀行や消費者金融でキャッシングをする時に申込時に必要書類を提出しなければいけません。必要書類は本人確認書類で運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されてどれか一つを提出しなければいけません。少額の借り入れの場合は提出する書類は本人確認書類だけですが、多額の借り入れをする時は本人確認書類と収入証明書の提出も必要になってきます。収入証明書は最新2ヶ月分の給料明細書、源泉徴収票、課税証明書などが適用されて準備するのに手間がかかる事が多いです。多額の借り入れを希望する時は本人確認書類と収入証明書を申し込みをする時に間に合うように準備いておきましょう。

銀行や消費者金融でキャッシングをする時はこのように注意点があるのでしっかり頭に入れてから申込手続きをするようにしましょう。